インプラント治療

インプラント治療
~歯を失っても
しっかりみたい~

インプラント治療~歯を失ってもしっかり咬みたい~

歯を失ってしまったままにしておくと、まわりの歯が倒れ込んできたり、伸びてきたりして歯列や咬み合わせの乱れにつながります。するとお口全体の健康に悪影響を与えてしまいかねません。失ってしまった歯の機能を補う治療には、取り外し可能な「入れ歯治療」、となりの歯を削って装着する「ブリッジ治療」、そして人工歯根を埋め込む「インプラント治療」があります。新京成線・東葉高速鉄道「北習志野駅」より徒歩4分の歯医者「北習志野L歯科クリニック」では、比較的新しく治療法で精密さが要求される「インプラント治療」をご提供しています。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

生体親和性の高いチタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して失ってしまった歯の機能を補う治療です。外科手術のあと、人工歯根が顎の骨と結合するまでの治癒期間が必要なので治療期間は長めですが、インプラントが安定するとまるで自分の歯で咬んでいるような感覚を取り戻すことができます。第二の永久歯と呼ばれる所以でもあります。自費診療なので治療費はやや高額に感じるかもしれません。しかしメインテナンスをすれば、長期間、美しい歯で食べたり話したりできることを考えると、長い目で見ると高くはないともいえるでしょう。

インプラント治療の流れ

一般的なインプラント治療法は「2回法」といわれています。それは外科手術を2回行うからです。1回目の手術で顎の骨にインプラントの下部を埋め込み、骨と結合する治癒期間を経て、ふたたび歯肉を切開してインプラント下部と被せ物をつなぐアバットメントを装着します。お口の状態や使用インプラントによって、手術を1回だけ行う「1回法」や抜歯をしてすぐにインプラントを埋める「抜歯即時埋入法」もあります。こちらでご紹介するのは「2回法」の治療の流れです。

STEP1
インプラント埋入
STEP2
治癒期間
インプラント埋入 治癒期間
歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開け、インプラントを埋入します。 顎の骨とインプラントが結合するまでにはある程度の期間(3~6ヶ月)が必要です。
STEP3
アバットメント
装着
STEP4
被せ物装着
アバットメント装着 被せ物装着
インプラントの結合を確認したあと、アバットメントを装着するために歯肉を切開します。 歯肉が治癒したら、歯の機能を補うための人工歯を装着します。

ほかの歯科医院で断られた方も
ご相談ください

ほかの歯科医院で断られた方もご相談ください

インプラント治療では人工歯根を顎の骨に埋め込むので、十分な顎の骨の量と密度が必要です。厚みや幅や密度が足りないと、他院ではインプラント治療ができないと判断されてしまうことがあります。その際には当院にご相談ください。まず骨量を増やす処置を行いますので、インプラント治療が可能になるかもしれません。

顎の骨を増やすための処置
上顎奥歯
ソケットリフト サイナスリフト
ソケットリフト サイナスリフト
上顎の奥歯の顎の骨が薄い場合、その上に広がる上顎洞を覆う膜を少し持ち上げ、骨補填材(こつほてんざい)を注入して顎の骨を増やします。 上顎の奥歯の顎の骨がかなり少ない場合には、歯ぐきの横を切開し、骨補填材を注入して顎の骨を増やします。
下顎
GBR
GBR
顎の骨を増やしたい部分にメンブレンという特殊な膜を設置して、骨補填材を注入し顎の骨の再生を促します。

安心なインプラント治療の
ために

インプラント治療は、入れ歯やブリッジに比べ新しい治療です。安全な治療のためには、外科手術をする前にインプラントをどの位置にどの角度でどのくらいの深さに埋入するかの精密な診断が欠かせません。そして顎の骨の中を通る神経や血管を傷つけることなく顎の骨に人工歯根を埋め込む必要があります。インプラント治療の安全性を高めるために当院では歯科用CTやサージカルガイドを用いています。

歯科用CT サージカルガイド
顎の骨の構造や神経や血管の位置を詳細に、そして立体的に把握できるのが歯科用CTです。精密さや精確さが求められるインプラント治療には欠かせない機器です。歯科用CTの詳細データをもとに手術のシミュレーションを行います。 インプラント埋入手術の際に使用するのがサージカルガイドです。歯科用CTのデータをもとに作製し、お口の装着したサージカルガイドにそってインプラントを埋入するとシミュレーションの通りに手術ができます。手術時間の短縮にもつながります。